きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 名古屋鉄道(名鉄)

名鉄では、豊橋を除く有人駅で、硬券の入場券を発売しています。
硬券でなくとも、出札窓口の端末では、磁気券の入場券が購入できます。

007_nyujo

犬山線の岩倉・上小田井の両駅で購入してみました。
硬券入場券はこれまでに何度か購入していましたが、窓口端末券は初めてです。

乗車券特別車両券のフォーマットも独特な名鉄ですが、入場券も個性的ですね。

券種名「入場券」にアンダーラインがあるのは、まるでJRのマルス乗車券みたい。
駅名の大きな印字は、ちょっと京急に似ている気もしますが、料金と横並びになっている点も独特です。

券面に記載された注意事項は2項目で、「当日1回限り有効」は硬券と同じ表記方。
乗車不可の旨は、硬券とは若干言い回しが異なります。

日付・発行駅・端末番号・券番号・発売時刻は、乗車券と同じ印字方法でした。

また、駅名の文字サイズですが、上段の岩倉駅のものを見ると、基本サイズの文字で3~3.5文字分くらいのスペースがあるようです。
上小田井駅のものを見れば、4文字分のスペースがないことは明らかで、こちらは少し幅が狭い文字になっています。
「名鉄(1/4サイズ文字の縦書き?)/名古屋(基本サイズ文字の横書き?)」に合わせた構造かもしれませんね。

なお、豊橋駅の入場券についてですが…。
同駅は名鉄線ホームを含め、駅全体をJR東海で管理しています。
名鉄の窓口は設置されていますが、ホームへの入場は、JRの入場券(150円)で通用するようです。
このため、豊橋駅での名鉄の入場券(券売機・出札端末・硬券とも)発売は、行っていません。

名古屋鉄道の特急列車は、「ミュースカイ」「快速特急」「特急」の3種別で運行しています。
このうち、「快速特急」「特急」はごく一部の列車を除き、座席指定が必要な「特別車」を連結しています。
また、空港アクセス列車である「ミュースカイ」は、全列車・全車両が「特別車」の車両で運転しています。

名鉄における「特別車」は、JRでいうところの指定席車両ですが、営業上の制度としては、全く異なる性質です。
特急3種別のうち「快速特急」「特急」は、「特別車」のほかに「一般車」があり、京急・阪急などの特急と同様、乗車券のみで利用できます。
「特別車」を利用する場合は、「特別車両券(ミューチケット)」の購入が必要になるので、「特別車」をJRの制度に置き換えて言えば、

特急列車自体が普通列車の一部で、「一部指定席の列車」である

といったところでしょうか。

前置きが長くなりましたが、特別車両券の画像です。

006_myu-ticket

券紙自体は、他の乗車券などと同じものを用いています。

この特別車両券の特徴は多々ありますが、いちばんの特徴はやはり、乗車区間の表記方法でしょう。

JRをはじめとした、私鉄各社の特急券などでも、区間の表記は横書き(発駅→着駅)ですが、こちらは横書きです。
これに伴って、発着時刻も駅名の横に印字されるようになっています。

また、券種名「特別車両券(ミューチケット)」の左には、特別車のロゴマーク(「μ」をロゴ化したもの)が印字されています。
このロゴマークは、特別車の乗降口の脇にも、ステッカーで貼られています。

3つ目に、発着時刻の間には、乗車列車の行き先が印字されています。
場所は異なりますが、今後紹介する予定である近鉄の特急券にも、行き先が印字されています。

最後に、JRの指定席連結特急であれば、必ずある「列車名」がありません。
「ミュースカイ」はあくまで列車種別なので、列車名というわけではありません。
名鉄の全特急とも列車名は付けられておらず、「列車番号」に「号」を付けたものが、便宜的に印字されています。

今回利用した列車は、中部国際空港発 名鉄名古屋ゆき ミュースカイ(第13列車)。
区間は中部国際空港から金山で、途中停車駅は名古屋市内の神宮前のみ。
名古屋駅までの所要時間は最速28分、最高時速120kmですので、のんびりする時間もありませんでした。

名鉄の有人駅(Webサイト上では「出札係員配置駅」と表記)では、原則として、硬券入場券を発売しています。

005_nyujo-160

こちらは、消費税5%時代のもので、当時の入場料金は160円でした。

上段:名鉄一宮駅(名古屋本線)・御嵩駅(広見線)
中段:栄町駅(瀬戸線)・栄生駅(名古屋本線)
下段:東大手駅(瀬戸線)・名鉄岐阜駅(名古屋本線)

券面の記載内容は、特筆すべき項目はありません。
相鉄と異なり、券種名は「入場券」だけの表記です。
注意事項については、各社で独特な表現になっていますね。

これら6駅のうち、比較的発行時期が古い名鉄一宮・御嵩のものは、「当日1回限り」の数字のフォントが、あとの4駅のものと異なります。
また、名鉄一宮が半角の「1」であるのに対して、御嵩は全角の「1」を使っています。

栄町・東大手・名鉄岐阜のものは、駅名のアンダーラインが曲がってますね。
おそらく、同じ時期に印刷したもののなのでしょう。

なお、御嵩駅については、平成20年に無人駅化されました。

005a_nyujo-170

こちらは、消費税8%以降において発売されている、入場料金170円の券です。

上段:刈谷駅(三河線)・名鉄名古屋駅(名古屋本線)
中段:豊川稲荷駅(豊川線)・金山駅(名古屋本線)
下段:中部国際空港駅(空港線)・栄町駅(瀬戸線)

いずれも、消費税5%時代のものと同じ内容ですが、印刷が綺麗になっていますね。
活字風印刷…にでもなったのでしょうか?

駅名の部分については、5文字分の範囲に、(Excelでいうところの)均等割り付けされています。
文字数がオーバーする中部国際空港では、少し幅が狭い文字が使われています。

日付の印字方式については、駅によってバラバラですね。
ゴム印ひとつ取っても、大きさは概ね同じであるものの、ゴシック系・明朝系フォントが入り乱れています。

昨年夏現在では、まだ硬券入場券の日付は和暦表示だったようですが、その後が気になることろです。
また、この画像で紹介したもののうち、名鉄岐阜・金山の両駅がダッチングマシンでの日付印字ですが、「平成30年問題」を乗り越えて、復活しているかも気になることろです。

◆追記 12/27 11:18

005b_nyujo-170a

先月購入した、岩倉駅と上小田井駅の硬券入場券です。
日付の印字方法は、2桁西暦での表示に変わっていました。

昨日に引き続き、名古屋鉄道(名鉄)の普通乗車券。
今回は往復乗車券です。

004_round

これまで、関東の私鉄各社を中心に、往復乗車券はいろいろと記事にしてきました。
区間や往路・復路の表記方法など、各社で個性がありますが、名鉄もまた個性的です。

駅名の幅は4文字分で、文字数がオーバーする分は、一部を2段で表記。
8文字の「徳重・名古屋芸大」とか、6文字の「中京競馬場前」など、どのような表記になるか気になるところです。
また、2文字の「栄生」がセンタリングで表記されていますが、3文字・1文字の場合にどうなるでしょう?

往路券・復路券の別は、□枠内に「ゆき」「かえり」の文字。
いずれも白地で、色の反転はありません。
券番号は、2枚とも同じ親番号に、「ゆき券:01」「かえり券:02」という枝番号が割り当てられています。

社名・発行年月日・券番号・発売時刻の表記方法は、いずれも窓口端末発行の片道乗車券と同じ。
昨日も触れましたが、出てくる機械が違いますから、フォントなど細かな違いが見られます。

ちなみにこの時、栄生駅へ行った目的は…。
「栄生~太田川」の往復乗車券を購入するためでした。

「栄生→太田川」
「太田生」

何の目的だったかは、勝手に想像して下さい(笑)。

最後に、大変な余談ですが…。
かわえい李奈さん、第一子のご出産、おめでとうございま…した!

って、太字で強調してんじゃねぇよw

11/11から3日間、長野県を旅してきました。
それなりに収穫もありましたので、追って紹介していこうと思います。

さて今回は、前回に引き続き名鉄から。

003_fare

今回は、いちばんノーマルな切符である、片道乗車券です。
有人駅の場合、窓口での乗車券の購入も可能で、こちらは中部国際空港駅にて、特別車両券(ミューチケット)とともに窓口で購入したものです。
(※基本フォーマットは、券売機・窓口端末共に概ね同じですが、やはり違う機械から出てくるものなので、多少の差異はあります)

この窓口端末発行の片道券ですが、全体的に文字が細めで、スッキリした印象です。
ただし、駅名の横幅は、この券面での「空港」の文字に換算して4文字しかないようで、長い駅名は小さな文字を組み込んで、解決させています。

また、ローマ字駅名が印字されるケースは、関東の大手私鉄を中心に、近年では多く見られます。
名鉄も例外ではなく、中部国際空港駅においては、英訳の「CENTRAL JAPAN INT'L AIRPORT」を表示しています。
これは乗車券面だけに限らず、旅客案内上(行先表示・発車案内など)、どのシーンにおいても同じ文言が使われています。
ただでさえ長くなるので、「INTERNATIONAL」を「INT'L」と略しているのも、興味深い点です。

名鉄の乗車券で特徴的と感じたのは、主に2点。

まず、右肩に「領収額」が印字されること。
関東の大手私鉄の場合、連絡乗車券などについては、同じ部分に領収額が印字されますが、自社線内単独の乗車券だと登場しません。

もう1つが、「当日限り有効」という表記法。
関東の多くの会社では、「発売当日限り有効」としているケースが多く、中には「通用当日限り」というものもありました。
いずれにしても、あまり馴染みのない表現でしたので、ピックアップしてみました。

今回の乗車区間は、中部国際空港から金山まで。
昨年春時点の運賃は、券面記載の通り810円でしたが、消費税率改定に伴い、現在は830円になっています。

金山駅の下車時には、持ち帰り希望を申し出たところ、「無効」の印を押して頂きました。

余談。

この日は元々、午前中から静岡市内をブラブラする予定でした。
しかし、前日に福岡でのアレ(笑)がありまして…。

福岡空港→(ANA / B737-500)→中部国際空港→(ミュースカイ)→金山→(青春18きっぷ)→静岡(市内レンタサイクル)

1日で何とも、いろんな乗り物に乗れました(笑)。

↑このページのトップヘ