きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 会津鉄道

2014年秋、福島の旅3日目。
大内宿の観光のあとは、ひたすら帰路を進みます。

湯野上温泉駅から会津田島駅までは、企画乗車券の残りの区間を使います。
会津田島駅では乗り換えに時間があったので、一旦改札の外へ出て、入場券とその先の乗車券を買いました。

003_fare-madoguchi

出札窓口で、東武線と接続する新藤原駅までの乗車券を購入。
窓口端末の入場券とはサイズが異なり、縦が約45mmになっています。

一番上の行が券種(左)と料金種別(右)、3行目が金額。
一番下の方に、社名・発行駅名・端末番号(?)・発行年月日(和暦)・券番号(?)。

ここらへんは、入場券と同じ表記方です。

乗車券区間は大きめの文字を使用。
金額も同じ文字の大きさです。

そのわりには、通用開始日の文字サイズが控えめですね。
3行の注意事項は、無理やり8文字に抑えた感もあります。

入鋏は当然ながら会津田島駅。
一番上に駅名、真ん中は年月日(和暦)、一番下の欄に社名と「入鋏済」という構成の入鋏印でした。

さて、無効印は何と、一気に中央林間駅まで飛んでいます。

005_tobu-metro-tokyu

右から順に使用順で…

右:東武鉄道 電車全線 株主優待乗車証(平成26年度上半期)
中:東京メトロ 普通回数券 240円区間
左:東京急行電鉄 電車・バス全線 株主優待乗車証(平成26年度上半期)

です。
いずれも、都内だか神奈川県内だかの金券ショップで、予め準備しておいたものです。

そんなわけで、会津田島駅から東急田園都市線 中央林間駅まで、ノーラッチ移動しました。
さすがに東急の駅員さんも、ちょっと驚いているようでした(笑)。

(1) 会津鉄道 会津田島→会津高原尾瀬口 15.4km 620円
(2) 野岩鉄道 会津高原尾瀬口→新藤原 30.7km 1,070円
(3) 東武 新藤原→押上 143.5km 1,550円
(4) 東京メトロ 押上→渋谷 16.8km 240円
(5) 東急 渋谷→中央林間 31.5km 330円

以上5社線・7路線、通算距離237.9km(※東海道線:川崎~浜松に相当する距離)、きっぷ運賃合計3,810円という長旅でした。
通過した都県は、福島・栃木・群馬(板倉東洋大前駅の前後合計2kmほど)・埼玉・東京・神奈川の1都5県でした。

ちなみに、鬼怒川温泉から北千住まで、今のところ私の人生で唯一の「スペーシア」乗車でした。
とうきょうスカイツリー駅まで特急券を買っていましたが、ノーラッチ乗車が途切れちゃうので(笑)、北千住で乗り換えました。

2014年福島の旅(?)は2日目、会津若松で宿泊し、翌日は大内宿へ行ってみました。
JR区間を支払わないために、会津若松駅から西若松駅までは、郵便局めぐりをしたり、鶴ヶ城の外だけ見てきたりして、徒歩で移動しました。

会津鉄道では、大内宿の観光に便利な乗車券が発売されています。
それが…見つからないので(笑)、今回は会津鉄道の入場券を紹介します。

002_nyujo-tanmatsu

大内宿への最寄り駅(バス乗り換え駅)、湯野上温泉駅で購入した入場券です。

窓口端末で発行されたものです。
券紙の地紋は緑色の「AIZU あいづ」のロゴで、大きさは縦約35mm×横約77mmです。

どのようなプリンタを使っているか判りませんが、わりと簡素なイメージが沸きます。
駅名と券種を同列で併記して、その下には発売額を印字。
他の文字は控えめな大きさで、地方私鉄の入場券としては、ちょっと変わった雰囲気です。

001_koken-yunokami
001a_koken-tajima

また、会津鉄道では、硬券入場券も発売しています(…ました?)。
今回は、湯野上温泉駅と企画乗車券終着駅の会津田島駅で購入。

B型硬券を使い、駅名の下に券種名「普通入場券」と料金を印刷。
駅名の下に券種名が入るのは、最近紹介した静岡鉄道の硬券入場券と同じです。

001b_koken-yunokami-ura

硬券の裏側には、発行駅名と券番号が印刷されています。

ところで、この2種類の入場券。
何か変わったことにお気付きではないですか?

ご存知だった方も多いかもしれませんが、料金が違うのです。
端末発行の入場券は140円、硬券入場券は200円と、何故か入場料金が2通りあるのです。

現在、会津鉄道のWebサイトには、入場券に関する記述がありません。
また、画像を検索してみても、平成30年以降の入場券が見つかりませんでした。
現在の入場券発売に関する情報、お持ちの方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけますと幸いですm(_ _)m

↑このページのトップヘ