きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 2014北日本旅行

石狩月形駅では、硬券入場券のほかにも、常備式軟券の普通乗車券も購入しました。

014_tsukigata-jobi

定期券・マルス85mm券などより一回り大きいサイズで、ピンク色「JR 北」の地紋が使われています。

券番号・券種・乗車区間・経由・注意事項・発売額・発行駅名及び社名は、全て印刷済み。
日付のゴム印を使えば、すぐに発売できるようになっているタイプです。

この時すでに、最短区間などの乗車券は発売しておらず、3年ほど前の時点では、3区間分のみの発売になっていたようです。
来年春に廃止される札沼線の末端区間ですが、その時までには(葬式鉄特需で)乗車券が全て売り切れてしまうのではないでしょうか。

「2014年北日本旅行」シリーズは、今回にて終了です。
掲載漏れしているものもあるはずなので、その時はまた、(見つかり次第)随時紹介していこうと思います。

旅の5日目は、急行〔はまなす〕を千歳でおりたあと、普通列車で札幌へ向かいました。
早朝営業をしている(※現在の営業時間は不明)駅弁売店で朝食を調達し、札幌駅のホームでムシャムシャ…。

朝食後、札沼線を乗りつぶすために、石狩当別で新十津川ゆきに接続する列車で移動開始。
乗り換え後の列車は、途中の石狩月形で(確か)10分以上の停車時間があったので、駅の外へ出てみました。

で、画像が見つからないので、その時の様子は略して…(爆)。
キチンとここでも、コレクション活動を発動します。

013_tsukigata-koken

当時はまだ、JR北海道の多くの有人駅では、硬券入場券が発売されていました。
しかし、ここからの数年の間で、そのほとんどが姿を消してしまったようで、この石狩月形駅も例外ではないようです。
(※ネット上の情報を参照しただけなので、実情は各自でご確認下さい。)

駅名の表記は、先頭に略社名が入るタイプ。
先日の青い森鉄道のものもそうでしたが、国鉄から民営化された直後には、全国津々浦々でみられた表記のようです。

入場料金は170円で、消費税が8%になったときに設定された料金。
注意事項は3行にまたがり、車内立ち入り不可の旨は1行半にわたって、(他社との比較として)大き目の文字が使われています。

…どうでもいいんですが、最終行の「き」の字が、若干大きいですね。

013a_tsukigata-koken-ura

裏側は、券番号のみの印刷でした。

北海道の硬券入場券が、どれほど残っているのか、実際のところはよく分からないのですが…。
今回の増税により、JR北海道の入場料金が200円となることを考えると、新たな刷り直しはしないように思います。
かといって、料金変更のゴム印をわざわざ用意するか…というのも、私個人的には「ない」という気がしてなりません。

いずれにしても、国鉄からJRに受け継がれてきた硬券入場券も、いよいよ文字通りの“風前の灯火”となっているようです。

旅の4日目、青函トンネルを通って、北海道に上陸しました。
海峡線・津軽今別駅に1日2本停車していた、特急〔白鳥〕に木古内まで乗り、そこからは普通列車です。

函館では、観光と食事などでブラブラしたあと、五稜郭公園近くのネットカフェでしばし滞在。
徒歩で函館駅へ向かい、この晩の宿は…

012_hamanasu

急行〔はまなす〕号です。
青森を22時台に出発して、札幌に翌朝6時過ぎに着くダイヤで運行されていました。

確か、、、定期夜行急行としては、最後に残った列車…でしたよね?(←自信ないw)

今回の乗車区間は、上陸した函館から、千歳線・千歳駅まで。
18きっぷでは乗車できない列車のため、宿代わりの移動でしたから、少しでも「運賃」を安くするために、札幌までは乗りませんでした。

3種類の乗車券類を1枚で発券することって、あまりないのではないでしょうか。
特急料金は指定席が基本ですから、このような券種の表示にはなりません。

乗車日は8/12、函館駅の出発は1:23です。

左上のゴム印「東C 7/11 R001」は、当初の発券情報。
7/11にビューカード決済で支払ったことを示します。

7/11に購入した券を変更したわけですが、そのわりには「□乗変」の印字がありません。
というのも、乗車日・区間・列車は同じで、座席を変更しただけだったからです。
同じ列車内で座席を変えるだけであれば、乗車変更の扱いにならないと知ったのは、この時でした。

ちなみに、変更前は通常座席の指定席、変更後(画像のもの)はリクライニング角度が大きい車両「ドリームカー」でした。

そして、乗車日は8/12なのに、当初の発行日が7/11となっているのは、夜行列車特有のルールです。
この列車の場合、始発駅の青森を出るのが前日8/11ですから、その日に合わせて、全区間・全座席の発売を開始しているわけです。
当然ながら、現在の臨時夜行快速〔ムーンライトながら〕や、定期寝台特急〔サンライズ瀬戸・出雲〕の指定席券・寝台券なども、このルールが適用されます。

函館駅では、機関車の付け替えがあるため、20分ほど停車時間があったと記憶しています。
停車中に検札に来てくれたので、そこは有り難かったですね。

千歳までの乗車時間は、僅かに4時間。
さすがに…、寝不足の極みで5日目を迎えました(^^;

旅の4日目、青い森鉄道 青森駅では、硬券入場券のほかにも、POSの乗車券を購入しました。

011_aoimori-fare-pos

フォーマットとしては、他の第三セクターのものとあまり差はありません。

しかし、とにかくよく目に付くのが、中央の三角印。
面積の比率でいったら、他社の2倍くらいあるのではないでしょうか。
方向を示す三角だけではなく、発着駅名の縦の長さも、パッと見た目では分かりづらいですが、1割くらい長いようです。

そのわりに、小児券を示す「○小」が、何だか貧相…(^^;

旅はいよいよ、在来線として最後の乗車になった青函トンネルを通って、北海道へ入ります。

2014年の北日本旅行は、三陸鉄道の全線乗車後、久慈駅からJR八戸線へ。
本八戸駅から宿泊地へ向かい、「みろく横丁」で日が変わる間際まで飲んでいました(笑)。

何故か、入った屋台には、関東在住のアラサー男女が大集結するという異常事態に…(笑)。
あの楽しかった夜のこと、今でも鮮明に覚えています(^^)

…っていう呑兵衛話は置いといて。

旅の4日目は、本八戸駅からスタート。
「青春18きっぷ」は通常、JR以外の路線は乗車できませんが、青い森鉄道の八戸~野辺地~青森は、通過利用に限って乗車できます(※野辺地駅の途中下車も可能)

というわけで、18きっぷの特例を使って、野辺地駅で途中下車。

010_aoimori-nyujo-pos

POS発行の入場券を購入しました。
野辺地駅は、JR大湊線との接続駅ですが、駅業務は青い森鉄道が一括して行っているため、JRの入場券はありません。

このPOS入場券ですが、基本的なフォーマットとしては、他の第三セクター(IGRいわて銀河鉄道・IRいしかわ鉄道)などと同様です。
しかし、文字数のせいなのか、やたらと駅名の大きさが目につきますね。
ただ、それは錯覚だったようで、文字の高さとしては、ほぼ変わらない程度でした。

券紙は自社オリジナルで、薄水色のロゴマークと社名を地紋としています。
個人的には、同社キャラクターの「モーリー」を入れ込むような、遊び心があってもいいかな、と思います。

010a_aoimori-nyujo-koken

また、青い森鉄道では、有人駅の窓口で硬券入場券を発売しています(いました…?)

青い森鉄道の一次開業時(青森~八戸)には、一部の駅で硬券入場券を発売。
その後、全線開業時(八戸~目時)に廃止されましたが、この年の8/1から復活発売を行っています。
(※5年前のWebサイト内「トピックス」を参照、修正が為されていないので、現在も発売していると思いますが、現状は各自でご確認を…)

券紙の表側は、無地白色の地紋なし。
券種名の表記が2行目にあり、社名・発行駅名が5行目というのは、なかなかないフォーマットかもしれません。

そして、駅名の頭にある「□青」が特徴的。
現在、絶滅寸前のJR北海道の硬券にも、駅名の頭に「□北」が入っています。
青い森鉄道の場合、今回購入した2駅共にJRとの共同使用駅というのが、関係しているかもしれません。

なお、硬券の裏面は、クリーム色の紙に券番号のみの印刷なので、画像は略します。

↑このページのトップヘ