きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 阿武隈急行

阿武隈急行の福島駅では、入場券・乗車券(片道)の他にも、往復乗車券を購入しました。

イメージ 1

JRの場合、機種や時期によって、細かい違いはありますが、この往復乗車券も、JRのものと似たフォーマットです。

一番の相違点は、「ゆき」券の金額表示でしょうか。
JRの場合は「0円」という表示になりますが、阿武隈急行は「*(アスタリスク)」で表示されました。

今回は、フォーマット見本としての購入だったので、小児用の最短区間で購入しました。
大人の場合の最短区間は、初乗り運賃(250円)で行ける卸町駅までですが、小児用の場合は2区目(260円)とじ運賃となるため、2区目の最遠駅である(と言っても、2駅目ですが…)福島学院前駅が着駅になります。

昨年春の旅まとめは、次回で最終回です。

昨年春の旅から、早くも1年が経とうとしています。
今回は、実際に利用した路線ではありませんが、“寄り道”で記念に買ってきた乗車券と入場券です。

ご存知の方も多いかと思いますが、福島交通と阿武隈急行の福島駅は、駅施設を供用しています。
ホームは対面で乗り換えが可能なほか、駅舎内には各社の券売機・窓口があります。
改札口は共用施設ですが、入鋏印の取り扱いとかはどうなんでしょうね?

そんなことはともかく、今回は2社のうち、阿武隈急行の切符を紹介します。
(福島交通福島駅の切符については、一昨日の飯坂温泉駅の記事をご参照下さい。同じでしょうから、たぶん。笑)

イメージ 1

まずは乗車券。
全体的なフォーマットは、JRの近距離県と似たような雰囲気です。
発売時刻が入らない点や、字の細さなど、細かい点はいくつか異なっています。

そういえば、小児の表示(●小)は、福島交通と同じ黒丸ですね。
JRって、「●小」…でしたっけ?f(^^;

券紙の地紋は、阿武隈急行の社紋のようです。
全体的に薄めの青が背景になっているので、切符の印字内容は見やすいですね。

イメージ 2

続いて入場券。
うん、これも…JRのものと、そっくりですね。

「福島」と「駅」の文字サイズが、微妙に異なりように見えますが、気のせいでしょうか…。

↑このページのトップヘ