きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: ジェットスター・ジャパン(GK)

国内路線のLCCが軌道に乗り出して、早くも10年近くになるでしょうか。
私も、利用回数に差はあれど、ジェットスター・ジャパン(GK / JJP)、Peach Aviation(MM / APJ、旧:バニラ・エア(JW / VNL)を含む)、春秋航空日本(IJ / SJO)の3社とも利用しました。

国内最大手の会社が、筆頭に記したジェットスター・ジャパンです。
オーストラリアを拠点とするカンタス航空が出資し、アジア圏をメインとした、ジェットスターグループの一員です。

そんなジェットスターですが、国内線は成田を中心に、多くの路線を運航しています。
今回のネタに関連する関西空港線も、便数が多い路線のひとつです。

ジェットスターでは、機内販売では飲食物のほかに、到着地からの割引チケットも発売しています。
成田着の場合ですと、スカイライナーの割引チケットや、東京駅方面へのバス乗車券などを発売しています。

001_jet-nankai-sokatsu

関空着の場合でも、そこそこ多くのラインナップがあるのですが、そのうちのひとつが、この「ジェットスター・ナンカイきっぷ」です。

▼「ジェットスター・ナンカイきっぷ」とは?
ジェットスター・ジャパンが運航する関西空港到着便において、機内販売品として取り扱われている割引チケット。
機内販売時にキャビン・クルー(=CA)から「引換券」を購入し、南海関西空港駅の窓口で、本券に引き換える。
南海電鉄の「関西空港→難波」の乗車券だけのもののほか、特急〔ラピート〕の特急券付きのものも発売。
乗車券のみでも100円、特急券込みだと300円も安く移動できる。

このとき使った「ジェットスター・ナンカイきっぷ」は、まだ機内販売で取り扱う以前(~2017.3)のものです。
航空券のネット予約時に、同時にバウチャーを購入して、購入画面を自宅で印刷。
それを南海電鉄の窓口に持参し、本券に引き換える方式でした。

1枚目の画像は、「ジェットスター・ナンカイきっぷ」の総括券。
JRのマルス式各種回数券でいうところの、「表紙」券にあたるもので、利用上の注意事項などが印刷されています。

001a_jet-nankai-fare

続いて2枚目は、乗車券の部分です。
券種名は単純に「乗車券」のみですが、中段の右端付近に「*企画」と印刷されています。
南海電鉄のほかの企画乗車券のことを知らないので、何とも言えませんが、企画乗車券の一部であることを示しているようです。
おそらく、これがJRの切符だったら、「(企)乗車券」と印字されて、3+2桁の企画券コードも印字されるでしょうね。

有効期間については、乗車当日のみが、有効開始日・終了日に同日で印刷されています。
また、企画券の一部なので、運賃の印字はありません。

001b_jet-nankai-exp

最後の3枚目は、特別急行券の部分です。
こちらは、南海の一般的な特急券と概ね同じものです。
相違点としては…

○着時刻の右側に「*ジェット」(※印字上は半角)と印字
 →「ジェットスター・ナンカイきっぷ」の一部であることを表示か?
○発売額をアスタリスクで印字
○払い戻し不可の旨を印字

の3つでしょうか。

乗車したのは、特急〔ラピートβ52号〕です。
発券直後の48号、30分後の50号とも、空席はありましたが…。

この日の52号は、〔ラピート〕運行開始20周年を記念した、

「Peach×ラピート ハッピーライナー」(50000系第5編成)

での運行だったんですね。

「Peach」はもちろん、冒頭でも記した国内LCC航空会社。
コラボレーション企画が実施され、そのひとつが、Peachの機体を模した「ハッピーライナー」の特別塗装でした。
各車両1か所ずつ(だったと思う)、「ハッピー」のハートマークステッカーが荷物棚下に貼られていたのですが…。

まさに、私の席でした(笑)。

ジェットスターを降りて、ジェットスター発売の割引チケットでPeachに乗り換える。
何だか不思議な体験をした1日でした。

余談ですが、特急〔ラピート〕は停車駅別に、〔ラピートα(アルファ)〕〔ラピートβ(ベータ)〕の2種類の列車名があります。
βの停車駅は、難波・新今宮・天下茶屋・堺・岸和田・泉佐野・りんくうタウン・関西空港で、日中はこちらの系統のみを運行。
αは、平日朝方の下り列車と、毎日夜以降の上り列車で運行され、堺・岸和田には止まりません。

ジェットスター・ジャパンの搭乗券は、過去に「Yahoo!ブログ」時代に、モバイル搭乗券の紹介をしています。
(※現在は当ブログにて閲覧可、こちら)

今回は、Webサイトから予約を行い、空港でチェックインを行った際に発行される、通常の搭乗券を2種類紹介します。

002_boarding1

まずこちらが、いちばんよく目にする(した?)、厚紙タイプの搭乗券です。
大きさは、縦8.2cm×横18.2cm。

搭乗年月日(2015~2016年ごろ?)は失念してしまいましたが、成田発関西ゆきの便に搭乗した時のものです。
まぁ、少なくとも、搭乗口が160番台ですから、第3ターミナル開業以降であることは間違いありません。

記載事項としてはモバイル搭乗券とおよそ同様ですが、日付の記載がありません。
これは、チェックイン当日でないと搭乗券が発行出来ないことから、日付の記載は不要という判断に基づいているのだと思います。

ちょっと分かりづらいのは、右半券の「搭乗口」欄。
成田での搭乗口は「162」番ですが、その横の「KIX」(関西空港の3レターコード)は何のために書かれているのか…?
行先はその下にも表記されているから、不要な文字列とも言えそうだけどなぁ…。

あと、搭乗開始予定時刻の記載方法も、ちょっと微妙。

「前に搭乗ゲートにお越しください:1340」

って、これって日本語的に、どうなん…(^^;

003_boarding2

こちらは、上記のものと同時期か少し前に、高松空港で発券した搭乗券。
上記のものより薄めの紙を用いて、大きさは縦8.2cm×横20.3cmと、少し大きめです。

記載内容としては、上のものと同じです。
ただ、用語の言い回しが少し異なり、

●便名/搭乗便
●連番/シークエンス番号
●搭乗口/ゲート

の3点が異なっています。
また、上記のものとは、英数字の文字が若干細めに感じます。

昨年の松山遠征では、成田からLCCを利用したことについては、昨日の記事で触れました。
成田に路線を持つ国内LCCは、ジェットスター・ジャパンのほかに、Peach Aviation、バニラ・エア、春秋航空日本の4社。
(※いずれも正式名称で、Peach Aviationとバニラ・エアは、今年度末までに統合予定夏ダイヤをもって統合完了。10/31追記)

このうち、松山への路線を持つのは、ジェットスター・ジャパン(GK/JJP)のみです。
インターネットなどで予約し、空港でチェックインする場合、厚めの紙に印刷された搭乗券が発行されますが、今回は「モバイル搭乗券」を利用しました。

イメージ 1

今回は「ジェットスターアプリ」内で、予約・決済を行いました。
搭乗前に「ウェブチェックイン」を行うと、座席が指定され、この画面が表示されます。
これが「モバイル搭乗券」で、保安検査場でもこの画面を見せて通ります。

搭乗口では、この画面を提示し、地上係員が二次元バーコードを読み込みます。

イメージ 2

すると、レシートのようなものが発行されます。
ANAでいう「ご搭乗案内」券のようなもので、機内でモバイル機器から通信が行えない状況を想定して、座席確認のために発行されているのだと思われます。
しかし、券種が「Boarding Pass」ですから、これも搭乗券の一部ということなのでしょう。
(「紙の搭乗券」と案内していた気もしますが、記憶が曖昧です)

最近は飛行機に乗る用事・旅行が少なくなってしまったので、この「ジェットスターアプリ」もアンインストールしてしまいましたが、公式サイトよりも予約などの操作が簡単だったように感じました。

↑このページのトップヘ