きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 埼玉高速鉄道

昨日からの流れで、これまで載せそびれていたものを紹介します。
埼玉高速鉄道の片道乗車券です。

003_fare

以前、往復乗車券だけの記事を書いてから、何となく載せ忘れていたんです。。。
というわけで、去年の年明けに買った乗車券ですが、ご勘弁下さいm(_ _)m

まず、券紙に関しては、当然ながら往復乗車券と同一の磁気券。
薄めの赤紫色、「SAITAMA RAILWAY」の文字が散らばっています。

全体のフォーマットとしては、関東の私鉄ではよく見るタイプです。
ただ、金額の文字の細さは、埼玉高速独特なものではないでしょうか。

発行社名は「埼玉高速鉄道」、路線名は正式名称で「埼玉高速鉄道線」。
駅の案内などで見聞きする「埼玉スタジアム線」って、単なる愛称だったんですね。

ライブドアブログへ移転後、ようやく記事の投稿までこぎつけました。
いきなりシリーズものを投稿しようかとも思っていましたが、先に、ここ最近の収穫の中から、少しだけ…。

ということで、今回は埼玉高速鉄道から。
以前、往復乗車券は紹介していますので、そちらも参照下さい。

002_shuppo

今回は、東川口駅の改札窓口にて、買い求めました。
発見可否を尋ねたところ、ごく当たり前のようにOKを頂けました。
埼玉高速鉄道には「IC運賃」の制度がないので、ICカードと切符の運賃は同じです。

券面全体のフォーマットとしては、東京メトロのものとかなり似ています。
領収額欄が東京メトロの6桁に対して、埼玉高速鉄道は5桁まで。
その他、欄の高さ・幅などが、パッと見ただけでは判らない程度の誤差があります。

地紋は薄めの赤紫色で、「SAITAMA RAILWAY」の文字が散りばめられています。
これは、券売機で購入する乗車券も、共通のデザインです。

日付欄は、「平成」の文字を駅名小印で西暦に訂正。
東葉高速鉄道や相鉄と同じやり方ですね。

入鋏印も少し変わっています。
チケッター(スタンパー)での捺印ではなく、事務用の柄が付いたタイプのものでした。
偶然にも、東京メトロの無効印と似たタイプのものだったので、イメージが近い印が2つ並ぶことになりました。

ちなみに、無効印が新宿になっているのは、「小田急東京メトロパス」を利用していた関係です。
東川口から四ツ谷まで乗り通し、丸ノ内線新宿駅で下車した際の押印です。

【参考】埼玉高速鉄道 往復乗車券 → こちら
【参考】東京メトロ 出札補充券 → こちら

今日から7回にわたって、関東の私鉄各社の「往復乗車券」を特集していきます。
もしかすると30日は、投稿できないかもしれないので、時代跨ぎの企画展示になるかもしれません。

ということで、第1弾は埼玉高速鉄道です。
東京メトロ南北線・東急目黒線と直通運転をする同線、最長運行区間の列車は、埼玉県・浦和美園駅と神奈川県・日吉駅を結びます。

イメージ 1

昨年初めに、川口市東部へ行ったときに、戸塚安行駅で購入しました。
神奈川県民の私からすると、「とつかあんぎょう」と読みたくなりますが、川口市「とづか」の「とづかあんぎょう」と読みます。

そのまま人名として、「とつかやすゆき」さんにもなりそうです(笑)。

埼玉高速鉄道の乗車券の地紋は、パッと見た感じでは、何が書いているか判りづらいですね。
私も最近知ったばかりでしたが、「SAITAMA RAILWAY」の文字が散りばめられているそうです。
車両の帯色などのことがありますから、まさか赤紫で自社名とは、思いもよりませんでした。

そして、この往復券ですが、今後紹介していく会社のものと比べると、“ちょっと変わっている”んです。
先にその中身を明かしてしまいますと…

1. 矢印代わりの▲がデカい
2. 「往復券」の文字が入っている
3. 「□かえり」が白抜きでない

の3点。
特に明日からの3社では、これらの違いがよく判るかと思います。

↑このページのトップヘ