きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: 富士急行(富士急)

一応、昨日までで、昨年夏の富士急沿線の旅シリーズは終わりましたが、予告の通り、自宅整理中に富士急の古い切符が出てきたので、ついでに(笑)紹介します。

イメージ 1

こちらは、平成20年現在における、〔フジサン特急〕の特急券です。
当時、特急列車は〔フジサン特急〕のみの運行で、現在と料金も異なっていました。
現在は8000系(元:小田急20000形「RSE」)で運行される〔フジサン特急〕ですが、この時は2000形(元:JR東日本165系「パノラマエクスプレスアルプス」)で運行されていました。

前の記事をいくつか読んでいただくと、お察しが付くと思いますが、当時既に、窓口端末が導入されていたようですね。
そして、最近の富士山駅と同様に、何故が印字がズレまくっています。
地紋はこの時から、「PJRてつう」でした。

ちなみにこの特急券、当時の富士吉田駅から〔フジサン特急〕へ乗る予定で購入していたのですが…。
立ち寄った富士吉田郵便局で、貯金の待ち時間が2時間ありまして(大汗)、見事に乗り逃しました。
(確か、指定席券の交付も受けていたのですが…。見つかったらまた、掲載しようと思います。)

▽参考:現在の自由席特急券(券売機購入)

イメージ 2

変わりましてこちらは、同じく平成20年当時の乗車券。大月駅の自動券売機で購入しました。

▽参考:現在の大月駅入場券(券売機購入)

▽参考:現在の乗車券(河口湖駅・券売機購入)

入場券と乗車券では、ちょっと比較が難しいですが、この10年半の間に、機種は変わっているかもしれません。
下段にある券売機番号(上の乗車券では「02」、現在の入場券では「01」)、文字の大きさが異なります。
発売時刻は設定により入れられるのかもしれませんが、日付や券番号の様子も違いますね。

昨年夏の富士急沿線旅、ひとまず今回がラストです。

山梨県富士吉田市の中心に位置する富士山駅は、2011年夏まで、市名から命名した富士吉田駅でした。
吉田口登山道の入り口に近いことから、駅名を変更したのでしょうか。
同年の山開きを機に改称し、「富士山駅」は富士急行の登録商標だそうです。(by Wikipedia)

そんな富士山駅では、富士山型の記念入場券が発売されています。

イメージ 1
イメージ 2

富士山の形を模した硬券で、色も山の下の方が青になっている凝りようです。
しかも、「青と白」でハッキリ分けずに、境界部分がグラデーションになっている点は、頭が下がります。
ちなみに青の部分は、よくある「PJRてつど(だ)う」の地紋ではなく、「FKKふじきゅうこう」の自社オリジナルです。
券面に「発売当日限り有効」とありますが、券面への発売日の印字はなされず、台紙裏面の日付欄への記入もありませんでした。

では、台紙に目を向けてみましょう。

表側の写真は、「夏の富士山」と題して、ラベンダー畑と富士山のデザインです。
おそらく、富士河口湖町(河口湖周辺?)で撮影された画像だと思います。
購入したのが7月末ですから、もしかすると、季節ごとに異なる台紙が付くのかもしれません。

裏面の上部には、富士山と山麓の写真を背景に、富士急線の簡単な路線図がデザインされています。
各駅の標高なども記されている点は、とても興味深いと思います。

そして、下部の記念スタンプの押印欄ですが…。
いや、記念スタンプ自体は見つけて、押印してきたんです。
しかし…

まさか、台紙裏にスタンプの押印欄があったとは…(^^;

家に帰ってから気付きました(笑)。
スタンプ自体は、改札外にある待合室内に設置されていました。

なお、静岡県富士市を走る岳南電車(※富士急グループ)では、岳南富士岡駅でもおよそ同じデザインの入場券が発売されています。
現在、同駅は平日朝のみ駅員配置駅となる関係か、吉原駅・吉原本町駅または岳南電車本社で取り扱っているようです。

*****

7回にわたって富士急シリーズをお届けしました。
出札窓口端末の導入により、通常の硬券が廃止された経緯がある富士急線ですが、機械券に関して言えば、わりと面白味のある会社だと思いました。
乗車券・入場券に関しても、駅・自動券売機の機種・窓口端末でフォーマットが異なりますし、特急券に関しても同じことが言えると思われます。
今回入手を回避したJR連絡関係や、JR単独の特急券も買えるようですし、機会があればまた…と思います。

…と言ったところで、もう1回だけ富士急シリーズをお届けします(笑)。
(自宅を整理していたら、10年位前の富士急の切符が出てきました♪)

今回、富士急沿線へ出かける際、初めに乗ったのは、JRからの直通列車でした。
それ故か、富士急の乗車券を持っていない客も多かったようで、車掌の車内巡回時に乗車券を買い求める客が多くいました。

旅に出て地方の私鉄へ乗ると、こういう光景に出会うのは、よくあることです。
そしてやっぱり、気になっちゃうんですよね。

「この鉄道会社の車内券は、どういうものなのかな?」

…と。
気になりながらも、車掌に申し出るタイミング(とか勇気。笑)がなかったりして、買えなかったことも度々。
これまで、IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道などでは買えずに終わり、福島交通・伊予鉄道などで購入経験があります。

▽以前のブログより、伊予鉄道の車内補充券

そんなわけで、今回は帰りの列車の乗車時、寿駅付近で車掌が巡回してきたので、車発機の乗車券を買い求めました。

イメージ 1イメージ 2

保存方法があまり良くなかったようで、購入から半年しか経過していないにもかかわらず、だいぶ印字がかすれてしまいました(>_<)

全体的に、富士急独自のフォーマットだと思います。
JRの場合、駅名の表示が縦長の文字ですが、こちらはいわゆる全角文字です。
運賃が見やすく表示され、JR連絡券発券時のためか、富士急・JRの運賃内訳も記載される仕様です。

裏面の注意書きは、JRとおよそ同じでしょうか。
自動改札が使えない旨、表側の券面にも記載されているのですがね。

さて、この乗車券を購入した際に、車掌から…

「車内補充券もありますけど、どうしますか?」

と言われました。
車発機があるのに、何故補充券まで必要か…とも思いますが、…何故でしょう?
この乗車券を購入する際に「乗車記念」と申し出ていたので、機器故障時対策か、マニア向け増収策かもしれません(笑)。

イメージ 3イメージ 4

今回は、走行中だった寿→三つ峠の小児券で発券していただきました。
「区間はどこでもいいですよー」とのことでしたが、せっかくやってもらうなら、あまりケチしたくないな、と。
(ちなみに、私は大人券をお願いしたのですが、何故か車掌氏が小児券で発券してしまいました^^;)

さあ、この補充券、不思議なことだらけです。

複数利用人数の入鋏欄がないのに、領収額が4000円の欄まであること。(大月~河口湖の往復は2,280円)
裏面に「往復は2日間有効」とあるのに、わざわざ表面にも「有効:2日」の入鋏欄があること。
同じく裏面に「急行券として…」のくだりが書かれているのに、発行事由にその旨の入鋏欄がないこと。

最大の謎は、何故か券面上部に、発行担当者の氏名が、ゴム印で押されている(上の墨塗りのところ)ことでしょうか。

あと、この発券方について、ちょっと疑問なのですが、発行事由の欄は、「無札」にも入鋏するのが正当のように思います。
裏面には、「小児欄に入鋏がなければ大人用」「乗り越しの場合は表示省略」の旨があるので、この券面を素直に読むと、「小児用の乗り越し乗車券」になります。
それにもかかわらず、「原券金額」に入鋏がないので、何だかあべこべな状態になっています。

…って、文句だらけになりそうなので、今回はここまで。
発券に応じていただいた車掌さん、どうもありがとうございました。

富士急の電車は、毎時1~2本程度の普通列車の他、快速〔富士登山電車〕や、特急〔フジサン特急〕などの優等列車が走っています。

快速〔富士登山電車〕は予約定員制で、「着席券(200円)」を購入して乗車します。
1日1.5~2往復が運行され、基本的に毎週木曜日は一般車両での代替運転となります(「着席券」不要の快速扱い)。

特急〔フジサン特急〕は3両編成で運転され、1号車が指定席、2・3号車が自由席。
JR線と同様に、自由席乗車時は「自由席特急券(400円(*))」を、指定席乗車時はこれに加えて「指定席券(200円)」を購入して乗車します。

(*) 都留文科大学前駅発着の場合は200円

特急〔富士山ビュー特急〕は、基本的な乗車方法・編成構成は〔フジサン特急〕と同じです。
1号車は特別車両扱いとなり、「指定席券」ではなく「特別車両券(900円)」が必要になります。
〔フジサン特急〕より高い特別料金ですが、ウェルカムドリンクのサービスがある他、土休日ダイヤの一部列車では、《スイーツプラン》が設定されます(特別料金・貸切扱い)。

さらに土休日ダイヤでは、成田空港発着の特急〔成田エクスプレス〕が運転されています。
こちらは、富士急線内での座席指定はなく、大月~富士山は全車自由席扱い、富士山~河口湖は特急料金不要(他の特急も同様)となります。

といったところで、今回は富士急線の自由席特急券です。

イメージ 1

今回は、券売機で購入したもののみです。
JRの近距離券売機で購入した特急券と、フォーマットはほぼ同じです。

前述のとおり、特急〔フジサン特急〕〔富士山ビュー特急〕〔成田エクスプレス〕に乗車する際は、基本的にはこの特急券を購入します。
なお、〔フジサン特急〕〔富士山ビュー特急〕の車両が検査などで運行出来ない場合は、一般車両による特急〔ふじやま〕号として運転され、特急料金は半額になります。
この場合の特急券、券売機では発売していないようですが、どのように購入するのかが気になるところです。

今春のダイヤ改正から、JR線からの新たな直通特急列車として、〔富士回遊〕号が運転されます。
E353系3両編成、全席指定制とJRが発表していますが、富士急線内は〔成田エクスプレス〕同様、自由席扱いになるかどうか、気になるところです。

▽参考:旧様式(窓口端末購入)の特急券

昨日の片道乗車券に続いて、今日は富士急の往復乗車券です。
片道券同様、券売機・窓口での購入が可能です。

イメージ 1

まずは、券売機で購入した往復乗車券。
全体的には、JR各社のフォーマットと概ね同様ですが、発着駅とも英語併記となっています。
往復の区間表示ですが、JRの場合、「駅名入れ替え」「矢印の向き」のどちらで表示しているかは、会社・時期によって異なるようです。
復路券の券番号のほうが若いというのは、何だか謎です。

イメージ 2

こちらは、窓口端末で発券された往復乗車券。
基本的なフォーマットは、片道乗車券とおよそ同様です。
ただし、有効区間は金額式の表示ではなく、着駅指定となっています。
また、券番号の表示も片道券と同様ですが、何故か往路券・復路券とも、同じ番号です。

そして、やはり富士山駅は…。
最下段の「入鋏省略  富士山駅 発行」の文字が、今度はほぼ完全に欠けてしまっています…。

もう1点。
昨日、片道乗車券のところで触れていませんでしたが、券の地紋に違和感がありませんか?

…よく分からないですよね(^^;

「PJR てつどう」のものはよく見かけますが、目を凝らして見てみると、何故か「PJR てつ」という旧仮名遣いになっています。
このパターンは、さすがに初めて見ました。

英語併記の往復券は、今回は購入しませんでしたが、おそらく片道券に似たフォーマット化と思われます。
「Basic fare ticket」のところが、何という表示になっているかは気になりますけどね。

↑このページのトップヘ