きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

カテゴリ: JR四国

日本各地のローカル路線では、ワンマン運転の列車が多数走っています。
最近では、大都市の地下鉄や通勤路線などでも、ワンマン運転を行っているところがあります。

大都市のワンマン化は、車両の性能向上・人手不足などが影響しているのでしょうか。
ローカル路線の場合はそれに加えて、コストパフォーマンスも考慮されていることでしょう。

というわけで、2013年春の四国旅行、2日目。
特急〔むろと〕を牟岐駅で降り、海部ゆきのワンマン普通列車に乗り換えました。

006_seiri-mugi

「徳島・室戸・高知きっぷ」での乗車なので、整理券を取る必要はないのですが…(笑)。
(※もっとも、牟岐駅は有人駅なので、基本的には整理券の出番はないですね)

この整理券ひとつとっても、JR各社やそれぞれの支社などにより、多種多様のフォーマットが見られます。

まず最初に、牟岐駅乗車時に整理券発行機から取ったもの。
社名と整理券番号は明朝系フォント、日付と駅名はゴシック系フォントを使用。
日付については、2桁西暦で表記していました。

牟岐駅の整理券番号は「53」。
これはどうやら、高松駅を基準にしている数字のようで…

○高徳線 29駅
 →高松駅から数えて、徳島駅が28番目
○牟岐線(徳島~牟岐) 25駅
 →徳島駅から数えて、牟岐駅が24番目

で、高松駅の整理券番号が「1」であれば、1+28+24=53…となるわけですね。

006a_seiri-uwajima

こちらは旅の4日目、宇和島駅から予土線の窪川ゆきに乗った時、宇和島駅で取ったものです。
こちらも有人駅ですが、現在のところ、みどりの窓口は最終列車の間際に閉まる駅です。

企画乗車券を持っていたので、いずれにしてもやはり、整理券を取る必要はありませんでした(笑)。

この整理券は、牟岐駅のときのものとは、全く雰囲気が違いますね。
どの文字もゴシック系のフォントを使い、日付は和暦(平成25年)で印字。
さらには、発行した時間帯まで印字(社名の上、14時)されています。

この整理券番号は、窪川駅が基準になっていそうです。
窪川駅(K/TK26)から次の若井駅(TK/G27)までは、土佐くろしお鉄道 中村・宿毛線。
ここから分岐して、予土線・北宇和島駅を経て予讃線・宇和島駅まで、また、土佐くろしお鉄道・宿毛駅まで、続き番号のナンバリングが振られています。
“予土線の”宇和島駅としては、駅ナンバリングが「G47」ですから、窪川駅の整理券番号が「0」であれば、計算が合うことになります。

2013年の四国旅行では、2つの駅でPOS入場券を購入しました。

005_pos-anan

まずは、1日目の宿泊地に選んだ阿南市の中心駅、阿南駅。

POS入場券のフォーマットとしては、JR西日本のPOS入場券とそっくりです。
発行会社の識別符号である「□四」は、JR西日本が駅名の右上付近にあるのに対し、こちらは左上端でした。
また、入場券の時間制限がない関係で、「2時間制限」の旨や発売時刻の印字はありません。

当時のJR四国のPOS券は、旅行業者向けのカット紙を使っていたそうです。
その証が右辺にある8桁の番号で、旅行会社でJR券を購入したことがある方なら、「なるほど」と思われるでしょうか。
(※現在のPOS端末は、マルスと同じようなロール紙に変わっているそうです。また、阿南駅の端末は、マルスに変わっているようです。)

2日目の朝、この入場券を買った後は、特急〔むろと1号〕で牟岐へ。

005a_pos-mugi

この駅もPOS端末の窓口がありました。

なお、旅行当時の入場券は160円でしたが、昨年10月の消費税率改定時から、170円になりました。

旅はこの先、さらに牟岐線を南下します。

4日空きましたが、2013年四国旅行の続きです。
鳴門での観光後、JRで徳島駅へ向かい、夕食は徳島ラーメン。

今回の旅行では、2つのJR企画乗車券を使いました。
まずは徳島から1日半、このきっぷを使います。

004_tokushima-kochi

「徳島・室戸・高知きっぷ」です。
その名の通り、徳島と高知の間を、室戸岬経由で旅行できる企画乗車券です。

このきっぷには、大きく分けて「片道タイプ」「往復(一周)タイプ」の2種類があります。
また、徳島発の「ルートA」、高知発の「ルートB」があり、往復タイプには「室戸先回り」「阿波池田先回り」が設定され、都合6タイプが存在することになります。

今回は、徳島発の「片道タイプ」を利用しました。
当時の発売額は4,900円でしたが、2度の消費税率改定に伴い、現在は5,040円で発売しています。
また、旅行当時はみどりの窓口での発売でしたが、現在は指定席券売機でも購入できるようです。

このきっぷの有効区間は、画像にある通りですが…

○徳島→海部 JR牟岐線(特急列車自由席の利用が可能)
○海部→甲浦 阿佐海岸鉄道阿佐東線
○甲浦駅前→奈半利駅・安芸駅 高知東部交通(路線バス)
○奈半利・安芸→後免 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線
○後免→高知 JR土讃線(特急列車自由席の利用が可能)

の4社5路線です。
現在、高知東部交通の路線バスについては、甲浦から安芸へ直行する系統がなく、「室戸世界ジオパークセンター」バス停で乗り換えが必要です。

この有効区間のうち、奈半利~安芸については、バス・鉄道のいずれかを選択して乗車することになります。
この重複区間を含めて、途中下車制限はありませんが、逆方向の利用はできません。

この旅行当時は、JR牟岐線の特急は、確か〔むろと〕が3往復くらい運行していた記憶があります。
実際、旅行初日の宿泊地だった阿南までは〔むろと5号〕、翌朝は牟岐まで〔むろと1号〕に乗りましたから。
現在、特急〔むろと〕は朝の上り徳島ゆき、夜の下り牟岐ゆきが各1便の運行なので、このきっぷで乗車する機会はかなり限られそうです。

004a_tokushima-kochi-annai

このきっぷの「ご案内」券と、「付属きっぷ購入券」です。

「ご案内」券については、ここまでの触れた内容が、詳しく書かれています。

「付属きっぷ購入券」は、片道タイプのきっぷにのみ発行されるようです。
この券の提示により、今回の場合であれば「高知→徳島」をJRに乗車できるきっぷが購入できるので、実質的に「往復タイプ」への変更が可能になります。

まぁ、今回は高知から先、別の企画乗車券が待っていますから、「付属きっぷ購入券」は利用しませんでした。
(※「付属きっぷ購入券」について、現在、JR四国の企画乗車券Webサイトじょうに記述がないので、発行していない可能性もあります。)

鳴門駅から列車へ乗車する前に、自動券売機でも乗車券を買ってみました。

003_round-js

自動券売機で購入した、往復乗車券です。
これまでにも、同じフォーマットの往復乗車券としては、JR東海・東京臨海高速鉄道(りんかい線)のものを紹介しています。

…ので、詳細は略します。
文字のフォントやサイズ、発行駅名の有無など、各社とも「似て非なるもの」感があっていいですね(^^)

今回の乗車券は7年前の購入ですので、日付は西暦表示になっているはずです。
それに伴って、フォーマットの変更があったのかなど、関心がある点ではありますが、なかなか四国へ出向けないのも事実であります(><)

▽参考:各社の往復乗車券
JR東海 http://k-3rd.blogstation.jp/archives/4281530.html
りんかい線 http://k-3rd.blogstation.jp/archives/1311540.html

徳島空港から大鳴門橋までバス移動後、「大鳴門橋 渦の道」「大鳴門橋架橋記念館 エディ」を観光後は、徳島市へと向かいます。
観光施設のチケットは…、見つかり次第、アップしようと思います(^^;

大鳴門橋までは、空港からバスで直行しましたが、帰りは鳴門駅で降りて、JRを利用します。

002_fare-naruto

当然、券売機のある鳴門駅ですが、何故かみどりの窓口でマルス乗車券を買いました。
まぁ、、、普通の乗車券ですので、詳細は略します。

JR各社で異なる地紋の文字は、JR四国の「S」と書かれています。

鳴門から徳島まで、直通する列車が殆どですが、線区が変わる境界の池谷折り返しの列車もあります。

鳴門から池谷までが鳴門線、池谷から徳島までが高徳線。
「鳴門」駅がある関係で、経由線区名は「鳴門」になります。

入鋏印のインク色は、JR四国カラーでもある青。
コーポレートカラーは水色ですが、マルス券との相性もあるのか、JR西日本のような青いインクです。

徳島駅では、「乗車記念 使用済」のスタンプを押してもらいました。
これはどうやら、JR西日本のものと、同じものを使っている気がします。

↑このページのトップヘ