昨年の相鉄・羽沢横浜国大駅開業後から、発券に規制がかかった相鉄の補充券。
現在開催されている…

20201123_132154[1]

直通線1周年記念のスタンプラリーに合わせて、羽沢横浜国大駅では、出札補充券の特別発券を行っていました。

20201123_093310[1]

11/21~12/13の約3週間のみ、初乗り区間(西谷まで180円)限定での対応でした。
券売機付近にこの掲示があるのを発見し、駅員氏はなぜか「ご乗車用でして…(※使用後回収)」と説明されましたが…。

次の列車まで待っている間に、訂正のために走ってきて下さった(笑)。
いやいや、ありがたいことですね。

ということで…

042_shuppo-new

約1年ぶりに、羽沢横浜国大駅の補充券を入手となりました。
基本的には、これまでのものと大きな違いはありませんが、新しい版になっているのは明らかです。

主な違いとしては…

1. 地紋の刷色が鮮やかな薄緑色に変更
2. 発行事由の枠が細くなっている
3. 主に使われる文字の書体が、系統の異なる明朝系に変更
4. 列車・座席指定欄の大きさ
5. 発行日の元号を削除
6. 入鋏欄の線が下辺まで貫通

といったところでしょう。
往路の入鋏欄を示す「○往」のマークは、相変わらずど真ん中のままです(^^;

042a_shuppo-new-ura

裏側の案内事項は、もっと変わっています。

1. 通行税に関する文言の削除
2. 特定都区市内の特例駅(筑肥線・おおさか東線)の更新
3. 大都市近郊区間のエリア拡大(福岡・新潟・仙台)

に対応していて、現状(2019年春以降)に合った内容となっています。

まぁ、JRの券として出すわけでもないので、あまり意味はない気もしますけどね(>_<)