高輪ゲートウェイ駅、最終編です。
これ、出来るとは知らなかったのですが、「多機能券売機」(黒の券売機)でクレジットカードによるICカードチャージをしてみました。

035_charge-ryoshu

こちらが、その際に発行された領収書です。
基本的には、通常のICカードチャージをした時のものと同じですが、金額の下に (クレジット扱い) と印字されており、現金によるチャージと区別されています。
発行駅名については、省略なしのフル駅名全角文字で印字されています。

035a_charge-credit

カードの利用控えがこちら。
商品名「チャージ」で、当該商品の商品コードは「475」に設定されています。

035b_rireki

Suicaの利用履歴(ICカード残額ご利用明細)を発行してみると、クレジットチャージを行った際の「(取り扱い)種別」(印内)は「VIEW」と印字されました。(※下方参照)
なお、発行駅名・乗下車駅名は全角4文字の制限があるので、「高輪ゲート」という省略形が採用されています。
個人的には、「高輪GW」とかでも良かったと感じています。

なお、今回のチャージにあたっては、Suicaを搭載したJR東日本系列の「VIEW CARD」を利用しました。
一体型カードだからこの方式のチャージができたのか、他のカードやICカードに対応しているのか、気になるところです。

そして、JR東日本系列のカードであるが故…

035c_rireki2

他社(今回は小田急)の券売機で履歴を印字したところ、「カード」(印内)という種別になっていました。
同じJRグループでも、TOICA圏内などで履歴を印字すると、同様の内容で印字されると思われます。