先週は2回しか更新できませんでしたが…(^^;
旅の2日目 夕方から、高知県内の移動の続きです。

奈半利駅からは、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線(阿佐線)で後免駅へと向かいます。
「徳島・室戸・高知きっぷ」で利用可能な区間ですから、もちろん同区間に有効な乗車券は買っていません。

乗車した列車が、ワンマン運行のアテンダント乗務だったか、それともツーマン運行だったか忘れましたが…。

016_shaho-nahari

車内用の乗車券を入手することができました。
車掌(orアテンダント?)さんに記念での発券可否を問うてから、さらに“逆方向”でもいいかと確認して、こちらの区間。
この乗車券の券面上では、

奈半利→…→西分→夜須→…後免

という進行方向の並び順で駅名が記載されています。
しかし今回は、「発駅:夜須、着駅:安芸」でして、後免から奈半利へ向かう方向の乗車券です。

まぁ、アレです。
大人の事情があって、この区間を指定しました。
(某プロ野球チームのストッパー的な…DB19.な感じでw)

それはともかく、こちらは“きっぷブログ”ですので、その話に入りましょう。

この車内補充券の地紋は、「TKT 土佐くろしお鉄道」の薄いオレンジ色でした。
地紋自体は、奈半利駅で購入した券売機券と同じですが、刷色が異なります。

発売方式としては、かつてよく見られた入鋏式ではなく、車掌控えへ記入を行う複写式です。
乗車区間に○を付けて、人数の内訳・合計金額・発売日・列車番号を書き込みます。
後免接続・JR土讃線(土佐長岡~伊野)への連絡乗車券も発売が可能で、これらの各駅は“発駅”とならないように、網掛けが印刷されています。

最下段の記事欄には、「身・療・福」の文字があり、車内でも各種割引運賃に対応できるようです。
同じく記事欄のイラストですが、ごめん・なはり線各駅に設定されているキャラクターのうち、2体を描いています。
右が後免駅の「ごめん えきお君」、左が奈半利駅の「なは りこちゃん」で、故・やなせたかしさんによって書き下ろされたものです。