これまで、阿佐海岸鉄道で唯一の有人駅、宍喰駅で発売する乗車券を紹介してきましたが、乗車券の発売箇所は、あと2箇所あります。
そのうちの1箇所が、今回紹介する「列車内」です。

012_kaigan-shanai-adult

阿佐海岸鉄道はワンマン列車ですので、運転士から購入することになります。
列車内の(運転士による)発売ですが、発行箇所は何故か「宍喰駅」となっています。

車内で発売する乗車券は、「甲浦⇔海部」の口座のみ。
中間駅である宍喰駅関係のものは、発売していません。

乗車券は切り取り式(回数券式?)の軟券で、区間表示は駅名相互式。
「甲浦発海部ゆき」「海部発甲浦ゆき」のどちらでも、対応しています。

今回は、甲浦駅到着時に、運転士から購入しました。
「発売当日限り有効」とあるにも関わらず、発売日の印字・記入等がありません。
また、「乗車○印」という入鋏欄に値するものが、甲浦側・海部側ともに設定されています。

私個人の見解ですが、この乗車券、あまり出番がないように思います。
甲浦駅では、地元婦人会に乗車券発売を委託(※明日の記事でも触れます)し、日中の数時間は乗車券が購入できます。
(注:現在、甲浦駅では、阿佐海岸鉄道のDMV化工事を行っている(た)ようですので、現状については責任を負いかねます)

また、海部駅も無人駅ですが、JRとの列車接続時間はあまりないうえ、甲浦まで乗り継ぎ利用となる場合でも、車内精算になるケースが多そうです。
となると、かなり用途は限られてきて、「甲浦から海部乗り換えでJR各駅へ」というパターンが考えられるかな…、と思うのですね。

まぁ、もっとも、甲浦駅から乗車し、海部駅で降車する際には、その場で運賃精算(乗車券回収)になるでしょうから、その用途はますます不明の気がします(^^;

もしかして…。
コレクター向けの増収対策でしょうか(笑)?

012a_kaigan-shanai-child

この車内発売券には、小児専用の券も用意されています。
ただでさえ少子高齢化が進む我が国、地方では尚更でしょうから、大人券よりはるかに出番が少なそうですね。
その需要の少なさを見込んでなのか、この第5券片が一番上にあるようで、耳付きで発売してくれました。
大人券が第9券片でまだ中間ですから、こちらは10枚綴りになっているのかもしれません。