005a_fare-kenbaiki

伊豆急の普通乗車券、今回は片道乗車券です。

まずこちらは、券売機で購入した片道券。
入場券は駅名表示の大きさが際立っていましたが、乗車券の文字はかなり控えめです。

乗車区間の表示方法は、金額式ではなく駅名式。
1駅間の距離がやや長め、かつ運賃が小刻みな距離で上がることから、こういう方式なのかもしれません。
(つまり、1駅目、2駅目、3駅目、、、で運賃がどんどん上がっていくということ)

駅名の文字サイズが小さめの割には、駅名を繋ぐ三角マークは少し大きいですね。
また、運賃を印字する場所も、なかなか変わっているように感じます。
ただ、入場券の料金表示位置と同じですから、伊豆急スタイルということになろうかと思います。

左下に「●小」のマークが入るのは、さすがに初めて見たパターンです。

005_fare-madoguchi

続いては、窓口端末で発行された片道券。

券売機のものよりは、乗車区間の文字が見やすい大きさです。
1駅名の幅は5文字分を確保しているので、伊豆急線内の駅名は縮小表示をすることなく済みます。
(参考:駅名文字数が最大となる「5文字」の各駅…城ヶ崎海岸、今井浜海岸、伊豆急下田)

運賃の表示は、入場券や券売機の乗車券と概ね同じ位置。
券売機のものとは異なり、小児運賃は印字されていません。
また、日付・券番号については、券売機・窓口端末のいずれも、入場券と同じ文字サイズ・表示方式でした。