長野駅からA特急〔スノーモンキー〕へ乗って、約45分。
終点の湯田中駅に到着します。

ここでは、湯田中郵便局へ行った後、町営(?)の駅前温泉「楓の湯」を訪れます。
全部で約1時間20分の滞在です。

郵便局へ向かう前に、まずは駅の窓口へ。
メインは硬券入場券の購入ですが、せっかく長野まで来ていますから、切符収集活動のために、駅の方にいろいろ聞いてみました。

入場券のほかに、発売している硬券は2種類。
長野までの乗車券(大人1,190円)と、同じく長野までの特急乗車券(乗車券+特急券、大人1,290円)があるとのことでした。
いずれも高額になってしまう(しかも使う必要がない)ので、今回の購入は断念しました。

補充券についても尋ねてみると、「発券OK」とのこと。
「少々お時間を頂きますが…」ということだったので、駅へ戻る時刻を伝えて、発券しておいて頂くことにしました。

007_shupo

というわけで、長野電鉄の特別補充券です。
券面右下にある「○出」の記入の通り、出札補充券の扱いです。

昨日紹介した「第2種車内乗車券」、ツッコミどころ満載でしたが、こちらもなかなか…。

まず、券紙については、あまりに古い券のためか、地紋が非常に見づらいです。
で、よくよく見てみると、「JNR こくてつ」の文字が…。

しかし、左上の発行社名は、当然ながら「長野電鉄」になっており…。

いったい、何があったのでしょう(笑)?!

そして、印刷されたのは(少なくとも)30年以上前のようで、日付欄の元号はまさかの「昭和」です。
平成の時期には印刷されず、しかも昭和時代の在庫が未だに残っていることには、驚きを隠せません。
また、長野電鉄では今年5月から、乗車券の日付が西暦表示に変わったため、「昭和」を二重線で抹消し、西暦の日付を記入しています。
個人的に言わせてもらうと、抹消線の上に「駅名小印」が押されていなかったのは、ちょっと残念ですね。
(相鉄・東葉高速・埼玉高速などは、「平成」を二重線で抹消、駅名小印を押しています)

そのほかについては、他社の補充券と大きな変わりはありません。
「領収額」は5桁目までの対応、「収受又は変更区間」の英字なし、「事由」欄の高さが低いタイプです。

007a_shupo-ura

補充券の裏面です。
これも、昭和の香りがプンプンしますね。

第1項の「通行税」については、相鉄の補充券にも記載があります。
しかし、この税の廃止(*)は、1989年(平成元年)ですから、「昭和」の券としては正当な記述です。

第3項の途中下車については、現行と(国鉄・JRの)制度が違う表記です。
現在、JRの乗車券では、100km超の営業距離となるものに対して、原則として途中下車が認められます。
この制度に変わった(*)のは1980年(昭和55年)4月ですから、もしかしたらこの券も、間もなく40歳を迎える可能性がありますね。

郵便局を訪れ、温泉へ入ったあと駅へ戻り、この券を受け取った際、駅の方は…

「何分にも古い券ですので、現状と合わない点も多々ありますが…」

などと、恐縮しておられました。
いやいや、発券頂け、入手できただけでも、こちらとしては嬉しい限りです(^^)d

(*) Wikipedia参照