ライブドアブログへ移転後、ようやく記事の投稿までこぎつけました。
いきなりシリーズものを投稿しようかとも思っていましたが、先に、ここ最近の収穫の中から、少しだけ…。

ということで、今回は埼玉高速鉄道から。
以前、往復乗車券は紹介していますので、そちらも参照下さい。

002_shuppo

今回は、東川口駅の改札窓口にて、買い求めました。
発見可否を尋ねたところ、ごく当たり前のようにOKを頂けました。
埼玉高速鉄道には「IC運賃」の制度がないので、ICカードと切符の運賃は同じです。

券面全体のフォーマットとしては、東京メトロのものとかなり似ています。
領収額欄が東京メトロの6桁に対して、埼玉高速鉄道は5桁まで。
その他、欄の高さ・幅などが、パッと見ただけでは判らない程度の誤差があります。

地紋は薄めの赤紫色で、「SAITAMA RAILWAY」の文字が散りばめられています。
これは、券売機で購入する乗車券も、共通のデザインです。

日付欄は、「平成」の文字を駅名小印で西暦に訂正。
東葉高速鉄道や相鉄と同じやり方ですね。

入鋏印も少し変わっています。
チケッター(スタンパー)での捺印ではなく、事務用の柄が付いたタイプのものでした。
偶然にも、東京メトロの無効印と似たタイプのものだったので、イメージが近い印が2つ並ぶことになりました。

ちなみに、無効印が新宿になっているのは、「小田急東京メトロパス」を利用していた関係です。
東川口から四ツ谷まで乗り通し、丸ノ内線新宿駅で下車した際の押印です。

【参考】埼玉高速鉄道 往復乗車券 → こちら
【参考】東京メトロ 出札補充券 → こちら