昨日は、当ブログ初のお休みを頂きました。
私こと“中の人(笑)”も、大変良いリフレッシュ休暇となりました^^

しっかりと、ネタを3本入荷しましたので、後日、紹介していこうと思います。

さて、昨年春の旅行も2日目の終盤。
米沢から福島まで、山形新幹線〔つばさ〕へ乗りました。

元々、福島では若干の余裕がある旅程でしたが、〔つばさ〕のおかげで2時間以上の時間を作ることができました。
その理由(目的?)が…

イメージ 1

福島交通飯坂線(飯坂電車)です。
過去に2回くらい乗ったことがありますが、飯坂温泉で立ち寄り入浴をしたことないなー…と思い立ち、この機会に行ってみることに。

現在、飯坂電車では、「1日フリーきっぷ」という企画きっぷが発売されています。
大人1名に加えて、小児1名も利用でき、飯坂温泉共同浴場の入浴券(9施設から選択可)、沿線店舗の特典も含まれて、料金は800円です。

この乗車券を購入した当時は、まだ「1日フリーきっぷ」はなかったように記憶しています。
(あったかもしれません。記憶がかなり曖昧です。)

もっとも、大人1名利用で、福島と飯坂温泉を単純往復するだけなら、「1日フリーきっぷ」では元が取れません。
(同区間片道が370円、つまり往復で740円)

なので、今回も普通に切符を買おうとしたら、券売機にこの乗車券の案内が掲示されていたのです。
前述の通り、往復740円ですから、かなり割安になります。

そして、今回の乗車券は毎日発売しているものではなく、毎月の「1の日」(31日を除く)限定のもの。
利用者低下のための施策だと思われますが、効果の程は如何に…?!

ちなみにこの乗車券、デザインなどから推測できそうですが、インクジェットプリンタで印刷した、手作り乗車券のようです。
券の質感も、市販の名刺カードのようなものですから、その点は間違いなさそうです。

※この情報は、およそ1年前のものです。現在もこの乗車券が発売されているか否かは、現地でご確認下さい。