きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

先月、前回・前々回の記事で紹介した「虎ノ門ヒルズ」駅を訪れた際、ついでに(?!)、JRの「高輪ゲートウェイ」駅へ足を延ばしてみました。

20201013

当日は、「小田急東京メトロパス」を使っていたので、どうやってここに辿り着こうかと、いろいろ考えていました。

東京メトロ単独で移動するなら、南北線の白金高輪駅から徒歩20分弱。
最寄りの東京メトロ乗換駅は、同じ港区内の新橋駅。

まぁ、白金高輪から歩いても、どうせ入場券は必須になるわけですから、有楽町・新橋~高輪ゲートウェイを往復する形にしました。
今回の記事は、その往復に使った乗車券です。

033_fare-TGW1

まず、往路は有楽町から出発。
直近の訪問地が虎ノ門ヒルズ駅だったので、日比谷/有楽町という乗り換えを使いました。

本来ならばモバイルSuicaを使って移動したいところでしたが、「無効印」を目当てに指定席券売機で乗車券を購入。
IC運賃154円、きっぷ運賃160円、往復差額が12円ですから、「無効印収集コスト」と思えば、小さな金額です。
(集めるだけだって、少なくとも140円の入場券が必要なわけですから…)

これまでに、高輪ゲートウェイ駅関連のマルス乗車券は、こちらの記事で紹介していますので、詳細は略します。

無効印は通常のゴム印で、紫色のインクを使用。
駅名が長いため、「高輪ゲート」と略された駅名になっていました。

…これって、いいんですかね?(^^;

033a_fare-TGW2

復路の乗車券です。
こちらは当日、高輪ゲートウェイ駅の指定席券売機で購入したものです。

発行駅名は文字数の関係で、「高輪ゲート」と略されています。
下車駅の新橋駅では、あまり見かけない(?)ゴシック体の文字を使った無効印を押してもらいました。

今回、無効印を押してもらうに際して、どちらの駅でも、改札窓口端末で処理をしていました。
左下隅から3割くらいのあたりに、ごく小さな穴が開いているのが、その処理の痕跡です。

ICカードや自動改札があまり普及していなかったり、その歴史が浅かったりするエリアや、某JRオレンジさんは「パンチ穴」で処理したがる傾向が強いですが、このやり方はいいですよね。
コレクション的にも穴が目立ちませんし、おそらく自動改札の出場処理を同時にやっているでしょうから、再使用防止の観点からも優れていると思います。

先月中旬に訪れた、東京メトロ 日比谷線の「虎ノ門ヒルズ」駅。
券売機のバリエーションがあったりするわけではないので、乗車券購入のほかには、ICカードへのチャージをして締めました。

010_charge-hills

券売機発行の領収書については、これまでに何度か触れていますので、今回は詳細を略します。
発行駅名欄は、全角サイズ文字相当で4文字の制限がありますので、「虎門ヒルズ」となっています。

010a_rireki-hills

この法則は、ICカードの利用履歴も同じでした。

ただね、あくまでも個人的に…ですが、中途半端な表現だなぁ、と。
半角文字を使うのが嫌いなので(笑)、「虎ヒルズ」とか「虎ノ門ヒ」じゃいけなかったの? と思わずにはいられません。

9月には、昨日までの記事で紹介した「逗子・葉山」駅以外にも、6月に新設された「虎ノ門ヒルズ」駅にも行ってみました。
東京メトロの「券売機で購入した社線内単独の普通乗車券」は、今までに紹介していませんでしたので、この機会にお届けします。

009_fare-hills

まずは、券売機の乗車券としては一番よく目にする、東京メトロ線内のみの乗車券です。

個人的に感じる、メトロ線内の乗車券の特徴としては…

1. 小児券を示す「○小」マークが小さい
2. 駅名のローマ字・線区名(東京メトロ線)の文字が大きい

の2つかと思います。

駅名の欄ですが、ここは全角サイズ相当(縦横比1:1程度)の文字では、2文字分くらいが割り当てられているのでしょうか。
「虎ノ門ヒルズ」の6文字ですから、縦横比は3:1程度になっているようです。

また前述のとおり、他社の乗車券に比べて、駅名のローマ字は大きめの印字です。
社によって「大文字のみ」「小文字混合」と分かれますが、東京メトロは後者でした。

009a_toei-hills

続いて、都営地下鉄への連絡乗車券です。
東京メトロが駅で配布、あるいはWebサイトに掲載している「営業のご案内」では、「連絡特殊割引旅客運賃」ということばが使われています。

東京の地下鉄は、多くの方がご承知のとおり、東京メトロ・都営地下鉄の路線が複雑に入り組んでいます。
運営社局が違うわけですから、当然ながら運賃体系も、各社局で別個に定められています。

そこで、2社局間を少しでも安く移動できるように設定されたのが、この特殊割引です。
乗車駅から下車駅までは、2社局の合算運賃から70円を割り引き、最も安くなるルートで移動が可能です。
(※改札外乗り換えがある駅など、一筋縄にはいかないケースもあるかと思います)

この連絡運賃280円区間は、

 東京メトロ 初乗り 170円
 都営地下鉄 初乗り 180円
 特殊割引額 ▲70円

という内訳で構成されています。

009b_tokyu-hills

最後の3枚目は、都営地下鉄以外の路線との連絡乗車券です。

都営以外との連絡乗車券は、発売駅によって、発売範囲が大きく変わります。
直通列車が運行している区間が多いですが、移動の利便性なども考慮されています。

今回は、副都心線の開業に伴い、直通運行が取りやめになった、中目黒接続東急線への乗車券です。
メトロ線内の乗車券で駅名が表示されていた部分には…

【メ】日本語発駅名の欄 → 【連】接続駅名
【メ】ローマ字発駅名の欄 → 【連】日本語発駅名

に入れ替わっています。

この発駅名も全角サイズでの文字数制限があるようで、発駅を表す「から」よりも、駅名の幅が狭くなっています。
また、小児運賃は大人運賃の真下に移動し、「東京メトロ線」の印字欄はそのまま連絡先の社線名になっています。
そして、小児券を表す「○小」マークは、他社線に合わせるためなのか、私鉄でもよく見かけるサイズで印字されています。

逗子・葉山駅シリーズ、第3弾。
今回は、ICカード関連のものを2つ紹介して、最終回とします。

011_charge-hayama

まずは、Suicaへのチャージ代金領収書。
前回の乗車券領収書、以前のチャージ代金領収書と、変化はありません。
(※チャージ代金の領収書には、下のほうにカード番号が印字されます)
駅名についても、乗車券の領収書と同様に、「逗子・葉山」とフル駅名が全角文字相当サイズで印字されます。

0111a_rireki-hayama

ICカードの利用履歴(ICカード残額ご利用明細)です。
ここ最近の私の行動が、丸裸になりました(笑)。

こちらの発行駅名も領収書と同じく、「逗子・葉山駅(券売機番号)発行」と全角文字サイズ相当で印字されました。
履歴の駅名は全角4文字が限度ですので、中点を除いた「逗子葉山」と印字されるようになっています。

逗子・葉山駅シリーズ、第2弾。
今回は、往復乗車券と入場券です。

いずれの券種も、過去の記事で詳細を書いていますので、今回はその点を略します。

010_round-hayama

まずは往復乗車券。
区間(駅名)の表示スペースは、全角相当4文字分くらいあるようで、そこに均等に文字を並べているみたいです。
神武寺駅の文字サイズと比べると、やや幅が狭いのがよく分かります。

発行駅名の部分についても、概ね同じようなことが言えそうです。

010a_hayama-nyujo

続いて入場券。
こちらもやはり、「駅 入場券」の文字に比べると、駅名の文字がやや狭めです。
どうやら入場券でも、基準サイズの文字で4文字分くらいのスペースが確保されているようです。

↑このページのトップヘ