きっぷうりば。~3代目の新駅舎より~

旅行などで使ったきっぷ類にとどまらず、観光地の入場券、野球の観戦チケットなど、「きっぷ」全般について、やりたいように(笑)書き連ねていきます。

平成27年9月、高松を訪れた時に購入した、ことでんの乗車券です。
福岡での用事を済ませた翌日午前、高松空港から成田へのLCCへ乗るために訪れました(笑)。
(博多→新幹線:小倉→夜行バス:坂出→予讃線:高松/高松築港→ことでん:空港通り/空港通り一宮→バス:高松空港…という奇行ww)
(朝ごはんに、うどん2杯食ったよ、確かw)


001_fare1

ことでんでは、自社グループ用ICカード乗車券「IruCa」が導入されており、一部の駅では自動改札機が設置されています。
しかし、普通乗車券は磁気化されておらず、自動改札機は各駅ともICカード専用で使われています。
社内すべての自動改札がIC専用なのは、全国でもことでんだけだそうです。(by Wikipedia)

乗車券の話に入りましょう。

券紙は前述のとおり非磁気化券で、表側も無地白色の感熱紙と、とてもシンプルです。
縦書きの駅名を枠で囲んでいるのは、何だかJRっぽい感じもしますね。

運賃の表示部分は、かなり細い文字が使われています。
スッキリした印象もありますが、何だか頼りなさそうな、か弱そうな雰囲気があるようにも思えます。
大人運賃の文字サイズの割には、小児運賃の文字が大きめでもあると思います。

下辺には、有効期間と発行社名を印字。
文字サイズ・文字数の都合か、スペースなしで連続した1行に収めています。

高松築港駅には自動改札機が設置されていますが、前述のとおり、すべてがICカード専用のタイプです。
なので、紙の乗車券を利用する際には、有人改札で入鋏を受けることになります。
他駅のパンチの形は分かりませんが、高松築港駅ではな形のものでした。

入鋏受けているように、今回は使用済み券を持ち帰りました。
350円区間の最遠駅(一宮駅)のひとつ手前、空港通り駅で下車。
無人駅なので、車掌に申告して持ち帰りました。

001a_fare2


その空港通り駅で購入した乗車券が、こちらです。
駅名の印字方法をはじめ、全体のフォーマットとしては、高松築港駅のものによく似ています。
いくつかある相違点としては…

○日付・券番号の文字が小さい
○明朝系フォントが主体
○駅名・運賃の間は、矢印ではなく横向き三角を使用
○小児運賃は小さい文字で印字し、「円」も付記している
○最下段の2項目間にスペースがある
○発売時刻の印字がある

といったところでしょうか。

どうでもいいですが、発行社名は正式名称ではなく、「電気鉄道」が簡略化されています。

また、他社の普通乗車券でよく目にする「下車前途無効」の文字は、券面にありません。
ことでんには「途中下車指定駅」の制度があり、その各駅では普通乗車券による途中下車が可能です。
ただし、乗車券区間の運賃と下車希望駅までの運賃が同じになる場合は、途中下車はできません。
(※この点で、伊予鉄道の「松山市駅途中下車」の制度とは、ちょっと異なっています)

国内路線のLCCが軌道に乗り出して、早くも10年近くになるでしょうか。
私も、利用回数に差はあれど、ジェットスター・ジャパン(GK / JJP)、Peach Aviation(MM / APJ、旧:バニラ・エア(JW / VNL)を含む)、春秋航空日本(IJ / SJO)の3社とも利用しました。

国内最大手の会社が、筆頭に記したジェットスター・ジャパンです。
オーストラリアを拠点とするカンタス航空が出資し、アジア圏をメインとした、ジェットスターグループの一員です。

そんなジェットスターですが、国内線は成田を中心に、多くの路線を運航しています。
今回のネタに関連する関西空港線も、便数が多い路線のひとつです。

ジェットスターでは、機内販売では飲食物のほかに、到着地からの割引チケットも発売しています。
成田着の場合ですと、スカイライナーの割引チケットや、東京駅方面へのバス乗車券などを発売しています。

001_jet-nankai-sokatsu

関空着の場合でも、そこそこ多くのラインナップがあるのですが、そのうちのひとつが、この「ジェットスター・ナンカイきっぷ」です。

▼「ジェットスター・ナンカイきっぷ」とは?
ジェットスター・ジャパンが運航する関西空港到着便において、機内販売品として取り扱われている割引チケット。
機内販売時にキャビン・クルー(=CA)から「引換券」を購入し、南海関西空港駅の窓口で、本券に引き換える。
南海電鉄の「関西空港→難波」の乗車券だけのもののほか、特急〔ラピート〕の特急券付きのものも発売。
乗車券のみでも100円、特急券込みだと300円も安く移動できる。

このとき使った「ジェットスター・ナンカイきっぷ」は、まだ機内販売で取り扱う以前(~2017.3)のものです。
航空券のネット予約時に、同時にバウチャーを購入して、購入画面を自宅で印刷。
それを南海電鉄の窓口に持参し、本券に引き換える方式でした。

1枚目の画像は、「ジェットスター・ナンカイきっぷ」の総括券。
JRのマルス式各種回数券でいうところの、「表紙」券にあたるもので、利用上の注意事項などが印刷されています。

001a_jet-nankai-fare

続いて2枚目は、乗車券の部分です。
券種名は単純に「乗車券」のみですが、中段の右端付近に「*企画」と印刷されています。
南海電鉄のほかの企画乗車券のことを知らないので、何とも言えませんが、企画乗車券の一部であることを示しているようです。
おそらく、これがJRの切符だったら、「(企)乗車券」と印字されて、3+2桁の企画券コードも印字されるでしょうね。

有効期間については、乗車当日のみが、有効開始日・終了日に同日で印刷されています。
また、企画券の一部なので、運賃の印字はありません。

001b_jet-nankai-exp

最後の3枚目は、特別急行券の部分です。
こちらは、南海の一般的な特急券と概ね同じものです。
相違点としては…

○着時刻の右側に「*ジェット」(※印字上は半角)と印字
 →「ジェットスター・ナンカイきっぷ」の一部であることを表示か?
○発売額をアスタリスクで印字
○払い戻し不可の旨を印字

の3つでしょうか。

乗車したのは、特急〔ラピートβ52号〕です。
発券直後の48号、30分後の50号とも、空席はありましたが…。

この日の52号は、〔ラピート〕運行開始20周年を記念した、

「Peach×ラピート ハッピーライナー」(50000系第5編成)

での運行だったんですね。

「Peach」はもちろん、冒頭でも記した国内LCC航空会社。
コラボレーション企画が実施され、そのひとつが、Peachの機体を模した「ハッピーライナー」の特別塗装でした。
各車両1か所ずつ(だったと思う)、「ハッピー」のハートマークステッカーが荷物棚下に貼られていたのですが…。

まさに、私の席でした(笑)。

ジェットスターを降りて、ジェットスター発売の割引チケットでPeachに乗り換える。
何だか不思議な体験をした1日でした。

余談ですが、特急〔ラピート〕は停車駅別に、〔ラピートα(アルファ)〕〔ラピートβ(ベータ)〕の2種類の列車名があります。
βの停車駅は、難波・新今宮・天下茶屋・堺・岸和田・泉佐野・りんくうタウン・関西空港で、日中はこちらの系統のみを運行。
αは、平日朝方の下り列車と、毎日夜以降の上り列車で運行され、堺・岸和田には止まりません。

埼玉新都市交通(ニューシャトル)は、県下ナンバーワンターミナルの大宮駅と“バラの町”伊奈町を結ぶ、新交通システムです。
大宮駅付近のごく一部を除き、全線が上越新幹線の高架に横付けする形で、軌道が建設されています。
また、全国の新交通システムのなかでは珍しく、丸山~内宿の区間は単線の軌道で運行しています。

路線の全長は約13kmで、所要時間は25分前後。
全区間を通じた普通片道運賃は、きっぷで360円、ICカードで356円です。

001_oneday

そんなニューシャトルでも、1日乗車券を発売しています。
今回紹介する券は平成27年(2015年)に購入したもので、購入時期などによって、細かいフォーマットや車両のイラストが違うみたいです。

当時の「1日フリー乗車券」の発売額は、大人700円。
現在は消費税率改定に合わせて、720円に変わっています。
運賃改定前後ともに、全線通しの往復切符運賃と同額の設定です。

単純に往復するだけであれば、ICカードを利用したほうが、8円得することになります。
なので確かこの時は、「せっかくだし…」と無意味に沼南駅で途中下車した記憶があります(笑)。
時間があれば、もっと多くの駅で乗り降りしたかったのですが、この日はさいたまスーパーアリーナで…。(ゴニョゴニョ…)

001a_oneday-ura

裏面には、当時の最新型車両である2000系が、7色全タイプで描かれていました。

さて、この当時の「1日フリー乗車券」は、各駅の窓口のみで、現金による購入が可能でした。

現在は、駅務機器の更新があったのか、大宮駅では自動券売機で購入することが出来るようになったようです。
また、大宮駅の出札窓口では、主要ブランドのクレジットカード決済にも対応しているようです。

これらの券面、一体どのようなものなのか…。
入手することがあれば、また記事を上げていきたいところです。

東急では、小田急に負けないくらい、多くの種類の企画乗車券を発売しています。
そのうちのひとつが、今回の「東急お台場パス」です。

011_odaiba

2008年春に登場したのち、昨年10月から「東急線りんかい線お台場パス」と名を変えています。

この企画乗車券のメインは、りんかい線(東京臨海高速鉄道・TWR)乗り降りが自由となる点です。
これに東急線の発駅~大井町駅の往復をセットし、券売機で当日券のみ、購入することが出来ます。

りんかい線は原則として乗り降り自由ですが、券面にもあるように、大崎駅での乗り降りはできません。
私個人の見解ですが…

○大崎駅は、お台場エリアと関連性が低いため
○大崎駅は、JR東日本の管理駅のため(磁気情報の関係で入出場不可)

あたりが、大崎駅を利用できない理由かと思います。

余談ですが、ここ数年は、あまりこの切符にはお世話になっていません。
かつて、展示会関係の仕事をしていた時や、某握手会(笑)で東京ビッグサイトへ行く時には、よくこれを利用したものです。
大井町線「Q SEAT」も利用したことがないので、いずれはペアで利用してみたいものです。

福岡市の市営交通には、交通局が運行主体の地下鉄と、港湾局が運航主体の市営渡船があります。
全国各自治体の公営交通で、交通局が地下鉄のみを運営するのは、この福岡市だけのようです。
(注:福岡市内を中心とした、県下ほぼ全域のバス路線網は、西鉄バスが運行しています)

そんな福岡市の地下鉄ですが、「福岡市営地下鉄」を名乗らず、「福岡市地下鉄」の呼称が定着しています。
地下鉄は3路線の約30kmで運行し、福岡空港と福岡都心を結ぶ足としても、重要な役割を担っています。

001_oneday

そんな福岡市地下鉄では、1日乗車券が発売されています。
この券の購入当時は620円でしたが、現在は消費税率改定に伴い、640円に変更となっています。
4区の運賃が340円なので、この区間以上での往復利用でも、元が取れる計算です。
(※主に、七隈線の郊外方面と福岡都心、または空港線・貝塚線の郊外方面を往復利用するケースなどが該当します)

券面は非常にシンプルですね。

乗車券の地紋は、福岡市交通局のロゴマーク(アルファベットの「F」を模ったもの)に、「ふくおかしこうつうきょく」の文字。
これらを「PJRてつどう」の地紋に似せてデザインした、ちょっと変わったものになっています。

券種名・有効日を中央に大きく印字し、自動改札機投入時は穴が開くのみで、東急のように乗車駅・日付の印字はありません。

また、右下隅の発行駅名は、略称で印字されています。
今回は福岡空港駅の「空港」ですが、他駅の場合もちょっと気になりますね。

↑このページのトップヘ